アロマセンスが塩素を除去できる仕組みとは

水道水の残留塩素を除去できるシャワーヘッド「アロマセンス」ですが、どのような仕組みになっているのか簡単に説明します。

 

まず、その秘密はシャワーヘッドにあります。
「アロマセンス」のシャワーヘッドには専用の「ジェル・カプセル」が内蔵されています。

 

そしてそのジェルには濃縮ビタミンCが含まれています。
水を出すことにより水道水がこの「ジェル・カプセル」に触れることにより、残留塩素に含まれる塩素イオンとビタミンCのマイナスイオンが反応します。

 

すると化学反応により酸化還元反応が起こって、有害なイオンを中和することができるのです。
塩素イオンは中和されると酸化作用しなくなるため、肌や髪に与える刺激を軽減することができるのです。

 

さらに「アロマセンス」はセラミックボールも内蔵されているため、それにより抗菌効果があります。
そのため長く、清潔に使うことができるのです。

 

さらにこのシャワーヘッドにはマイクロ不繊布フィルターも内蔵されています。
なので、不純物を通過を防ぎ、肌に優しい水を出すことができるのです。

 

このように「アロマセンス」のシャワーヘッドには残留塩素の塩素イオンに反応するジェル・カプセルや抗菌効果のあるセラミックボール、不純物を取り除くマイクロ不繊布フィルターが内蔵されています。

 

そのため水道水に含まれる残留塩素を99.9%除去することができ、清潔に使い続けることができるのです。
このような仕組みのため、使い続けるうちにジェル・カプセルの成分は溶けてきてしまいます。

 

しかし、替えのカートリッジがあるので、それを交換するだけで再び除去効果を得ることができます。
目安としては、1人で使用する場合は約6ヶ月、また、アロマの香りがしなくなってきたら交換時です。

 

このような仕組みになっているため、「アロマセンス」は水道水の残留塩素を除去することができるのです。
肌や髪にダメージの少ない水を使いたいという方におすすめです。

 

 

「そうだったのか!シャワーヘッド アロマセンスのまとめ」へ戻る