アロマセンスがアトピーに効果的である理由

アトピーは明瞭な要因が判明していないものの、肌を綺麗な状態でキープするということは絶対条件になります。
清潔に保つということはシャワーを浴びることが重要になるのですが、実はアトピーとの相性は悪いというのが実情です。

 

その理由は、水道水の中には塩素が含有されており、強い水圧により毛穴な表皮の奥深くにまで入り込んでしまうため、アトピーが悪化するためです。
もちろん、水圧自体が元凶となり刺激が痒みを増幅させてしまう恐れもあるので、アトピーの方が使用するのは禁物という認識が長らく持たれてきました。

 

しかし、近年誕生したアロマセンスというシャワーヘッドは、かつてのイメージとは真逆のアトピー性皮膚炎に効果的な頼もしい製品です。
アロマセンスには内蔵カートリッジが存在するのですが、カートリッジの内部にはレモンがおよそ3千個分のビタミンCが濃縮されえているため、大量のビタミンCを全身くまなく浴びることができるのです。

 

アンチエイジングを目的とした化粧品にも採用されていることが多いため、掻きむしってしまい大きなダメージを負ってしまった表皮を再び滑らかにする恩恵が受けられます。
また、残留塩素が存在していないということは頭髪においても良い働きをしてくれることが判明しており、乾燥が気になっていた頭髪の様子がすっかり潤いを取り戻したという報告が多々あるほどです。

 

頭皮が潤いを失ってしまうと、最終的には薄毛や抜け毛に繋がってしまうため、近頃女性にも増加している若年性薄毛を助長してしまう要因になります。
どれほど効果的なトリートメントや育毛剤を塗布しても、従来の水で洗い流しては意味が無いのでアロマセンスを活用して無駄を無くしてあげることが大切です。

 

そして、アロマセンスは既存のシャワーヘッドから交換するのもとても簡単であることから、作業に対して苦手意識を持っている方でも難なく取り付けすることが可能です。
節水にも繋がることから、これまでよりもシャワータイムがより一層充実したものになります。

 

 

「そうだったのか!シャワーヘッド アロマセンスのまとめ」へ戻る